fuchigraphy’s blog ~毎日は発見にあふれてる~

気ままにカメラを向けた日常を気ままに記録するページです

Lotus ~清らかな心~

2022.7.13(水)
松島町は今泉地区の「かよいの場」を訪問したのですが、“空振り”で残念賞だったので、その足で教良木の「金性寺(きんしょうじ)」の「蓮」を愛でに行ってまいりました。
生まれたばかりのお釈迦様が初めて歩き出したときに、足跡から開花した「蓮」の花の上に立ち「天上天下唯我独尊」と言ったとされることから、仏教では「蓮」を最も神聖な花とするそうですが、お寺と蓮はイメージ的にも相性がいいカンジです。

ところで、「蓮(はす)」と「水連(すいれん)」の違いってよく分かっていなかったのでチョイと調べてみましたら、『葉とともに水面に浮かんでいるような姿で花が咲くのは「睡蓮(すいれん)」で、茎があり、花も葉も水面より高い位置にあるのが「蓮(はす)」の大きな特徴』ってことだそうです。(参考:言葉の救急箱)
また、名前の由来も、『日差しが弱くなると花を閉じるその姿が、あたかも眠るようなことから睡眠の「睡」の字がついて睡蓮と名付けられた。』、そして、『花が散った後の果托は蜂の巣に似ていることからハチの巣→ハチス→ハス(蓮)と呼ばれるようになった。』という事で、「睡蓮」の由来はピンと来ませんが、「蓮」の花が散ったあとの花托からはナルホド~と膝を打った次第

というか、水連は「スイレン目スイレン科」で蓮は「ハス科ハス属」で、まさに「似て非なるもの」という言葉どおり・・・。

時折柔らかく吹く温い風でゆらゆらと揺れる葉の上で、今にも落ちそうにコロコロと転がる水滴が美しい。
これも、「蓮」の特徴である「撥水性に富んだ葉」の為せる技

レンズは「FUJIFILM XF18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS WR」しか持っていなかったのが痛かったですが、まだ蕾があったので見ごろは続くようですから、マニュアルレンズを持ち出して再訪しようと思います📷